オーエムOMソーラーの家

おもしろい、もったいない。

OMおもしろい、   OMもったいない
 

陽射しが暖かかったら、
いい風が吹いていたら、
その心地よさを暮らしに活かそう。
 
 

いま、太陽などの自然エネルギー
建築の中にうまく生かしていく考え方が、
あらためて注目されています。

寒い冬の日、石油ストーブで暖を採るのではなく、
降り注ぐ太陽からの熱を利用する。
暑い夏の日、エアコンを使って冷気を作るのではなく、
緑で日差しを遮りながら、自然の風を家の中に取り込む。
こんな風に、もともと自然が持っている力を活用して、
心地よい暮らしの場をつくろうというのが、
これから紹介するOMソーラーの基本となる考え方です。

人間には本来、体温を調節したり、衣服を脱ぎ着したり、
太陽や木や土や風や雨など、
身近にあるものを使って心地よく暮らしたりと、
環境に適応する能力が備わっています。

冬は冬らしく、夏は夏らしく。
自然が持つ力を理解して上手に使い、
足りないときだけ機械の力を借りながら、
そこそこ快適に暮らす。
私たちは、そんなあり方を、大切にしたいと考えます。

自然エネルギーを使わないのはもったいない」。
上手に使うために知恵や工夫をめぐらせるのはおもしろい」。
自然の変化と応答する毎日の暮らしの中で、
生活スタイルや価値観も変わっていく。
それもまた、OMソーラーのおもしろさです。 


OMの家は、住まい手を元気にしてくれる働きもの。「自然力」を活かすと「おもしろい」 
 

OMソーラーは特殊な機械装置を使わないパッシブシステムです。

自然エネルギーの代表である太陽熱で暖められた空気を小型ファンで床下に送ります。
暖気は床下の蓄熱コンクリートを暖めると同時に床のスリットから家全体へと流れます。
床下に蓄えられた熱は、室温の低下とともにゆっくり放熱され、
真冬の早朝でも寒さを感じないほどです。
住まい全体を暖め、部屋間の温度差を抑え、均質な温熱環境を実現します。

夏場は、屋根で暖まった空気をお湯取りに利用し、その後は、強制排気します。
また、常に空気が流れることにより、すぐれた換気機能を併せ持ったシステムです。

OMの家は、住まい手を元気にしてくれる働きもの。
「自然力」を活かすと「おもしろい」
「こんな家があることを知っていたらなあ・・・。」とか、
「え、今、何も暖房器具点けてないの?」って言われることがあります。
OMの暖かさは、とてもゆるやかで自然です。
暖房していると感じないような、ほどよい暖かさです。
外から帰ってきても、ひやっとしない嬉しさ。
床下から温めるので、底冷えせず、
足元が冷たくありません。
子どもたちは、冬でも裸足で駆け回っています。
床全体が暖かいので、家の中に、寒い暑いがありません。
廊下もトイレも冷たくなく、おじいちゃんやおばあちゃんも満足顔。
夜になると、床下のコンクリートから放熱されるので、
昼と夜の温度差が少なく、真冬の朝でも「寒ーい」ってことがありません。
台所に立つお母さんには嬉しい限りです。

OMソーラーの家 実例写真

  (株)松田建設がOMソーラー協会に加盟したのが1993年。それ以来、約20年、
三重県北勢地域を中心に、愛知県津島市や海部郡、岐阜県南濃町や三重県中勢地方でも、OMソーラーの家を建てさせて頂きました。
皆様のおかげをもちまして、2012年の春には、150棟を超えることが出来ました。
同じ家は一軒もありません。すべて自由設計です。色々な好みに合わせて、設計できます。
  設計士さんとの物件も多数あります。
太陽熱を利用した冬の床暖房と、春から秋のお湯取りや換気、
すぐれた温熱環境をつくりだしてくれます。

資料請求・お問い合わせは